こんばんは

こんばんは。よし、本年気になってはいらっしゃるけれどもね。それは斎藤佑樹といった松坂大輔ね。こういう2人間なんですけれどもね。こういう2人間ね。もう瀬戸際というか、正直なところですけれども、こういう2人間が、期待した通りにですけれどもね。健闘したらですけれども、そうしたら優勝ということになりそうですけれどもね。
で、それでは斎藤佑樹ね。彼氏がですけれども、活躍してくれないとね。困りますよね。というか、立案1辺りなんでね。開幕投手で勝ったことはあったけれども、それだけなんでしょうね。
そんな彼氏ね。高卒で一気にプロをめぐっていたらですけれども、どうだったか?きっと、高卒での状況ですけれども、当時中日の落合監督がですが、マー氏はすぐにでも活躍できるけど、ハンカチ様は、体力的に痛いから、4通年転じる範囲はアリみたいなことをね。言ってはいらっしゃるけれどもね。
で、どうだったか?それにしても、あの候補はどうだったのかな?といったね。想う地点。ここ

UV

この間、小児の少年野球の声援をめぐって来ました。

アパートを出る時折小雨が降っていて、競り合いができるかどうかは繊細でしたが、ともかく競り合いアリーナに向かうとのことでお家を出ました。

モデルを走らせているうちにだんだんとどんよりとした雲も消え去り薄日が差し一、子供たちは競り合いができるってはしゃいでいました。

但し、いつもなら敢然とUV対策して出向く自分は、朝方のウエザーがウエザーだったので、いつもの重器機を通じていきませんでした。

アリーナに付くといったもっと晴れ間がのぞいていらっしゃる。

悪い・・・。

とにかく日傘がない! 傘と言ったらモデルに絶えず積んでいるビニール傘(汗)

競り合いが始まるころにはすでに快晴になり、汗ばむほど陽射しが降り注ぎはじめました。

秋とはいえこれだけ晴れ上がるというUVが怖い。いよいよ自分は周りをはばからずに、持ってきたタオルを頭からかぶり顔付きまですっぽりという覆い尽くしました。

ナーバス人肌の私としては、ちょっとの日射しや乾燥した気分は怖いんですよね。

とっくにその日は、戻るなりお肌の処理にいそしみました・・・。gillett.me